2014年11月アーカイブ

専業主婦がお金を借りるには、総量規制対象外の銀行カードローンを選ぶ必要があります。
総量規制は、貸金業者による過剰な貸付けを防止するための仕組みのことで、具体的には、
 年収の3分の1超の融資をしてはいけない
という内容のものです。
専業主婦には、本人名義の収入がありませんので、貸金業者からの融資が受けられない仕組みとなっています。

ここで貸金業者というのは、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などのことをいいます。
専業主婦は、プロミスやアコムのような消費者金融は利用できませんが、「銀行」のカードローンなら申し込める場合があります。
専業主婦がカードローンを選ぶ場合は、総量規制対象外の銀行カードローンから選ぶようにしてください。

なお、専業主婦が申込むカードローンが決まっていないときは、みずほ銀行カードローンがおすすめです。
みずほ銀行の普通預金口座があれば即日融資も可能ですし、金利も年14.6%と低めに設定されています。

専業主婦の場合は、限度額30万円までという制限がありますが、パートや派遣社員の主婦にも人気がありますので、みずほ銀行を選んでみてはいかがでしょうか。

なお、みずほ銀行カードローンの申込みで必要となる書類は、本人確認書類です。
本人確認書類は、運転免許証などのことですが、交付を受けていない方はパスポートや健康保険証を用意して、みずほ銀行カードローンの申込み画面に進むようにしましょう。

このアーカイブについて

このページには、2014年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。